クレジットカードの現金化は現金化業者を利用していくのがおすすめです。

現金化の方法はカードのショッピング枠の換金になります。
カードで買った商品を買取店に売ることで、現金を作っていくことが出来るので、やり方自体はとても簡単です。

ただ、クレジットカードのショッピング枠の換金はカード会社の利用規約違反になります。

カード会社に見つかると現金を作ることが出来なくなりますし、他にもデメリットが生じてきますので、大半の人はリスク回避のために現金化業者を利用しているそうです。

特に今はカード会社が監視を強化しているので、個人で進めていくのは避けた方がいいかと思いますよ。


現金化業者の利用の仕方も、それほど難しいことではありません。

消費者金融やキャッシングの申込みよりも時間が掛からないことも多いです。
こちらは、在籍確認を行ったりしますし、場合によっては審査が通らないこともあります。

現金化業者は基本的に審査というのはないですし、あっても利用の意思確認と、希望額のショッピング枠の余裕があるかどうか、という点になります。

買い物が出来るショッピング枠の余裕があれば、誰でも現金化が出来ますので、急な出費で困っているのでしたら現金化を行ってみるのがいいのではないでしょうか。

ネットで申し込みが出来る現金化業者もありますので、そういった所を利用していけば、土日関係なく24時間対応してもらうことも可能です。

スムーズに申し込みが済めば、最短5分で現金を指定口座に振り込んでもらうことも出来る所もありますよ。


おおまかな流れは

1.現金化業者のHPから申し込みフォームなどを利用して、現金化を申し込む

2.折り返し業者側から利用の意思確認の連絡が来る

3.身分証の提出

4.こちらでカード決済を行う

5.業者から指定口座に振込みが行われる

といった形になるそうです。


流れはそれほど難しいことではないのですが、注意した方がいい点もありますので、言われるがままやってしまうのは避けた方がいいかと思いますよ。


注意した方がいい点は、信頼出来る現金化業者かどうかの確認は必ず行っておきましょう。
信頼出来る所かどうかは、質問に対して丁寧に答えてくれるかどうか、という所もあります。
特にお金に関しての質問の回答は、明確な答えが貰える所を利用していくのが一番です。

また、申込みフォームがきちんと「https」で始まっているURLかどうかも確認しましょう。
URLの頭が違うのであれば、利用しない方がいいですよ。
セキュリティーが甘いのでどこかに情報が抜かれる可能性があります。

更に、この申込みフォームや業者からの折り返しの際に、カード番号が聞かれるようなら申し込みは避けましょう。
流れを見てもらえば分かると思いますが、業者側にカード番号を伝える必要は一切ありません。


最低限これらは確認した上で利用していきましょう。
実際に利用するかどうかは、業者と話をして、信頼出来る所だと判断出来てからがいいです。
多少そこに時間を取られたとしても、振込みまでの時間が短いので、急いでいる人でも問題はないと思いますよ。